Fascial Manipulation® Level2 開催(日本コース)

本日よりFascial Manipulation®Level2 in Japanが首都大学東京 荒川キャンパスで開催されております。

オープニングの講義はFascial Manipulation®JAPANプロバイダー 兼 Fascial Manipulation® Level1,2インストラクターの 竹井 仁先生のLevel2(融合中心)の治療についての概論が行われております。

今回のFascial Manipulation®Level2日本語コースより

8月にイタリアにて国際インストラクター試験に合格された

小川大輔 Level1.2インストラクター

吉田篤史 Level1.2インストラクター

もLevel2のティーチャーとして3名の国際インストラクターが講義と実技指導を行ないます。

 

また,Fascial Manipulation JAPANの講習会アシスタントの

永井,川本,菅原,田島,高山,上原,生方

は先日行われた認定Fascial Manipulation® Specialistを試験に合格し,より質の高い講習会が本講習会より開催されます。

 

Fascia(膜・筋膜組織)の治療は世界的にも注目されており,日本国内でもクライアント様からも「筋膜を治療してほしい!」との需要も拡大してきています。

 

Fascial Manipulation®では

Level1そしてLevel2にて,運動器疾患に関わる筋膜の解剖学,生理学,深筋膜と筋外膜の筋膜配列,病理学,評価学,治療理論とを学びます。

Level2を終えることで,運動器疾患と筋膜組織の関係について完結するということで,受講生の皆様もより探究心をもって講習会に臨まれております。

 

Level2は先月行われた講習会と合わせて,全8日間と長丁場となりますが,この8日間でどっぷりとFasciaに浸かっていただけたらと思います。

 

 

渉外広報部 菅原
(Fascial Manipulation® Specialist)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です