Fascial Manipulation®第10期開始

本日よりFascial manipulation®︎ Level 1 第10期が開催されております!
今回はFascial Manipulation 国際インストラクター イタリア人理学療法士マルコ先生と首都大学東京 竹井先生によるEnglishコースとなっております。
本コースは普段聞き慣れない,膜.筋膜に関する解剖学、生理学を詳細に学び評価から治療までを学びます。
今日から,6日間,最終日には試験もあります!
 
皆様の治療を待っていらっしゃる患者様が多くいらっしゃると思います。
多くを吸収して還元していただければと思います!

LEVEL3終了

全9日のFascial Manipulation® LEVEL3が終了致しました。

今回の内容は「内部障害の筋膜マニピュレーション」ということで,内部臓器や自律神経,恒常性など多くの知識を必要とした講習会であり。多く頭を悩ますとてもむずかしい内容だったかと思います。

講習会に参加しただけでは,マスターすることは困難です。
多くを経験していただき,また復習参加などもしていただき自分のスキルにしていただきたいと思います。

また,Level1やLevel2で習った内容なども,継続して復習そして経験していただければと思います.

 

次回のLEVEL3は来年の夏に開催予定です
また、多くの方のご参加をお待ちしております!

また,明日よりEnglishコースLevel 1が開催されます。
昨日,国際インストラクターのマルコ先生が来日されました!

2018年2月18日〜のLevel1(Englishコース)復習参加受付開始!

2018年2月18日〜(6日間)Englishコース

講師:Marco Pinticci,竹井仁
他アシスタント

の復習参加申込みが開始されます。ご希望の方は,会員ページより必要事項記載の上お申し込み下さい。

 

また,来月9月から行われるコースの申込みも若干名可能ですのでご希望の方がいらっしゃいましたらこちらもお申し込み下さい。

本日よりFascial Manipulation® Level3(Internal Dysfunction )が開催

8月24日〜8月30日までの7日間

日本開催2回目のFascial manipulation Level 3が開催されております.
講習会は8:45〜19:00まで‥とても濃く長い7日間です!

イタリアから医師のAntonio Stecco氏と理学療法士のFrancesco Motton氏をお招きしております。

Fascial Manipulation® Level3 はFascial manipulation®最後のコースで内部機能障害への筋膜マニピュレーションを学ぶためのコースとなっております。

内臓の解剖学や生理学,運動学、などの理論を学び,筋骨格系との関連や臓器同士の繋がり,神経叢や神経節また自律神経との関わりを深く学び,最終的に筋膜に対する徒手治療技術を学びます。

Level1とLeve2の内容(筋骨格系治療)を考慮しながら,評価と治療を行なうため,本コースへはLevel2を終了し1年が経過され,テクニックを経験した方々が対象となります。

しかし,本コースは内部障害とホメオスタシスや自律神経システムそして効果器や受容器(味覚や聴覚,嗅覚や視力)など7日間ですが3部作と濃く深い内容となっております。

講義の冒頭から,内臓の解剖学,生理学。
皆様の頭がすでにパンク気味でしょうか?!   (広報 菅原)

 

11期受講申込み期日のお知らせ

2018年2月11期受講予定のみなさま
 
受講費用の支払いの〆切期日が近づいております。申込み期日のお間違えの無いようよろしくお願い致します.
 
事前アナウンスの通り,期日内の申込みの確認が確認されない場合は,キャンセルと見なし随時キャンセル待ちの方々にアナウンスをさせていただきたいと思います.
よろしくお願い致します.

FM Workshop 開催(For Level2)

本日より2日間、9月に行われる Fascial Manipulation® Level2のためのWorkshopが開催されております。

日本筋膜マニピュレーション協会会長の小川によるオープニング講義が行われ、今日一日Level1で習った評価点の復習が行われます。

Level2からは多くの期の方々が混じり合い、また新たな出会いがあります

今日一日頑張って夜の懇親会は大いに盛り上がりましょう!

 

Fascial Manipulation® Level 1 第11期の受講結果について

本日,Fascial Manipulation® Level1 第11期の申込用紙を送付して頂いた皆様に,応募結果を送らせていただきました。

送信先は,申込用紙に記載いただいたE-mailアドレスにさせていただいております。申込用紙を送ったが,本日応募結果のメールが来ていらっしゃらない方は,お手数おかけしますがWebsiteの問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

多くの方々から,申込いただきありがとうございます。今回,受講が通らなかった方も,来年度他にも2度ほど開催を予定しておりますので、再度お申込み頂ければと思います。

(渉外広報部 菅原)

Level3ワークショップ開催

本日から二日間,来月より行われるLevel3のためのLevel1.2の内容の確認講習会が開催されております。

Level3ではLevel1.2の内容を応用して,内部障害や恒常性システムに対してアプローチを行なうため,Level1.2の内容は必須です!

まだ日本でもLevel3の開催は今年で2回目のため、多くの期の方々が一堂に会しております。

久々にお会いした方も多くいらっしゃるため、講習会のかたわら同窓会のような雰囲気で皆さまやスタッフ一同和やかに講習会をむかえております。

これは,おそらく。。
本日の懇親会も大いに盛り上がるのでは無いでしょうか!?

2018年2月 Level1 申込み期限繰り上げのおしらせ

Fascial Manipulation®︎ Level 1第11期(English)コースに申し込みいただきありがとうございました。2017/7/3/17:45時点で 97名の受講希望を承り、全希望者に申し込み用紙を添付いたしております。

本日中に、当初予定の申し込み希望の上限100名が越えようとしているため、

「本日20:00」を持ちまして、受講希望のメール受付を終了させていただきたいと思います。

上限が超えたとしても20:00までは受付をいたしますので、お申し込みお忘れの方はお早めにメールお願いいたします。

皆様にお送りしました、申し込みファイルは
7月8日17時が締め切りとなっておりますので、お間違えにないようにお早めに返信をよろしくお願いいたします。

その後、選考となります。

2018年2月 Fascial Manipulation®Level1 開催〜申込みについて〜

Fascial Manipulation レベル1コース11期生(英語通訳付き+日本語コース)募集

★申し込み期間:2017年7月3日8時~7月6日21時まで、または申し込み人数100名を越えるまで。※受講決定は先着順ではありません。

日程:2018年2月18~23日。
場所:首都大学東京荒川キャンパス。
時間:2月18〜22日は9時から18時半。最終日の2月23日は17時終了予定。なお、最終日には、筆記試験があります。
講師:Marco Pintucci、竹井仁
受講生:44人程度
受講費:理学療法士・医師・鍼灸師など:103,000円
一般社団法人日本筋膜マニプュレーション協会への入会金2,000円+年会費5,000円の合計7,000円。
これらを合わせて、110,000円。

※受講者選抜後に入会の案内を送付させていただきます。
コース終了までは仮会員状態となり,Level1の試験合格後本会員となります.
もし、コースが止む終えない事情によりキャンセルとなってしまった場合には年会費,入会金は返還させていただき,仮会員状態が解除されます。
なお,仮会員状態でもFascial Manipulation®Level2の申込みも可能ですので,受講決定後ご案内させていただきたいと思います。

★申し込み期間:2017年7月3日8時~7月6日21時まで、または申し込み人数100名を越えるまで。7月6日以前に、100名を越えたら、その時点で受付を終了します。

★これ以外の期間に届いたメールは、返信も受け付けもいたしません。

受講希望先メールアドレス
fmajapan.staff.sugawara☆gmail.com
☆←を@に変える

★上記のアドレスに、申込者本人の
パソコンのメールアドレスから本文に『レベル1コース11期申込み希望』と記入の上、連絡をお願いします。携帯のメールアドレスからは受けは出来ません。

折り返し、スタッフから参加申込書を送信いたします。参加申込書はExcelファイルです。
記入後、7月8日17時までにExcelファイルそのものを添付して返信下さい。これ以降に届いた参加申込書は受け付けいたしません。
受講決定は、書類審査にて行います。よろしくお願いします。